· 

2018年を振り返って

今年は個人的には50代最後の年で、精神科の医者になって31年が過ぎましたが、まだひよっこですので、このままかもしれません。

宇宙全史を学ぶ者としては、個人的に大きな出来事のあった年になりました。私は精神世界的には全く才能がなく、超能力も予言も出来ません。覚醒に関しても道半ばどころか戸口でうろうろしている状況です。

なのにそんな私がこの宇宙全史で講師にしていただくことになったのは、迷走としか言えない瞑想を行い続けたことで、このクズでもこれくらいは出来るようになるのだという見本になるからであろうと思います。

還暦を迎える来年、何らかの形で見本の役割を果たそうと思います。瞑想は私でもできますが、どなたにでも向いていることかどうかは慎重に判断すべきことになるでしょう。どういう風に書いていくか難しいことになると思います。しかし見本は見本です。私の拙い体験を分からないながら思慧してみることからでも始めようかと考えています。

いつか書き始めましたら、よろしければ、ご笑覧とご意見をお願い申し上げます。